仕組みを理解しよう|将来のために互助会で積み立てを行いましょう

将来のために互助会で積み立てを行いましょう

男性

仕組みを理解しよう

葬儀

互助会では、保険や貯金とは違った利用方法があります。互助会では、預けるお金を毎月支払いを行うことで、急なお葬式などに使用することができます。利用できるサービスでは、保険のように現金を受け取ることはありません。現金は受け取ることはないのですが、互助会で契約したサービスを利用することができます。このサービスは、将来何かあった際に利用できるところが保険に似ていますが、全く仕組みが違うので確認をしておきましょう。互助会で受けられるサービスとしては、将来何かあった際に現金を渡すのではなく、支払われたお金の分だけ役務を提供するサービスになります。毎月、積み立てたお金に関しては葬儀だけではなく、結婚式や七五三、そして成人式の際にも利用することができます。互助会では、積み立てたお金を結婚式や葬儀だけに使う目的でサービスを提供しているので、保険や共済で貰うことができない金額以上のサービスを提供しているので便利でお得です。互助会での冠婚葬祭では、経済的にコストを低くするために、会員が支払ったお金から、皆で使用する備品や設備を交換しつつ使用していきます。ですので、使用する商品や施設を安い金額で利用することができるのです。互助会の会員になることで、会員だけが割引されるサービスを受けることができるので、もし突然葬儀があってもコストを抑えて葬儀や結婚式を行うことができます。また、70万円程度の祭壇プランを予約した場合には、会員割引で21万円金額から引くことができます。